柑橘鬼神 ヤブレーモン

yabuface

ヤブレーモン伝説

とびしま地区には伝説の鬼神ヤブレーモンが存在したという。これまで世界征服をもくろむ悪の組織メラニン軍団を倒して世界の平和を守ってきたのだった。そして、悪の組織は再び世界征服のために蘇った。

 

メラニン軍団が最初に目をつけたのは、とびしま地区の農家である。
とびしま地区の柑橘類には、ウルトラビタミンCという物質があるという。この物質こそ、ヤブレーモンの力の源である。ヤブレーモンが再び現れる前に、とびしま地区の柑橘類を滅ぼすことが世界征服の第一歩であると考えていた。
…そして現在、とびしま地区の柑橘農家は危機的状況に陥っていた。柑橘価格の低下、栽培農家の高齢化、後継者不足など、全ては悪の組織が仕組んだことである。
ある日、主人公のヤブ木レモンは、父の危篤を知らされて実家に帰った。そこで聞かされたのは、ヤブレーモン伝説であった。先祖代々伝わる家宝「ヤブレモンの仮面」を託されたのだった。
その日の夜、ヤブ木家はメラニン軍団に襲われた。怒ったレモンは、ヤブレーモンへと覚醒したのだった。覚醒したレモンは世界平和の為に悪の組織を倒すことを心に誓ったのである。

 

主人公紹介

yabuface 主人公:ヤブ木レモン。ヤブレーモンに変身するオネエである。とびしま地区の柑橘農家出身。バーを経営し、夜はヤブリンママとして働いている。柑橘農家を継ぐことを拒み、都会に逃げた過去を持つ。いつもすっぱい恋愛をしているが、いつしか甘い恋愛を実らせたいと夢見ている。ファーストキスの味はもちろんレモンだった。過去の恋愛の恨みの憂さ晴らし…ではなく、世界平和の為にヤブレーモンになる。ヒーローになればモテるという欲望や、良いことをすれば自分のすっぱい恋愛も消えるだろうという自己暗示のためでもない…たぶん。

yaburinmama2

弱点:イケメン
乗り物:バイクではなく、スクーターのカブを改造したヤブである。
武器:レモン爆弾、ヤブが持っているヤブカラ棒。
必殺技:ヤブレカブレモン(毎回イケメンに恋をする…。だが、イケメンは悪の組織が送り込んだ怪人である。そのことを戦闘中に知らされて破れかぶれになり、怒りのレモンをぶつけるという最強の必殺技である。)
※ウルトラビタミンCが足りないと変身に失敗して2頭身になってしまう。

 

 

 

 

 

 

キャラクターデザイン・ストーリ作成は野呂山芸術村の向川貴晃さん